モバ大生オンライン
トップ>モバ大生とは>5つのプロセス


MOBAプログラムガイド
amazon.co.jpでみる

新聞雑誌等での紹介
  • 週刊ダイヤモンド別冊の「めちゃくちゃわかるよ!社会人のための大学・大学院完全ガイド」(10月号)の14ページで紹介されました。
  • 毎日新聞で紹介されました。(2002年7月29日朝刊)
  • 全私学新聞で紹介されました。(2002年8月13、23日合併号)

サポート窓口

モバ大生としてMOBAプログラムを利用されている方で、「こうだったらいいな」や「○○大学のことをもっと知りたい」等、疑問に思っていることを質問してください。

『いけ!モバ大生』内の記述の訂正についてもサポートしています。


サイト内容のお問合せ

サイトに関するご質問・お問い合わせは以下のフォームをご利用ください。

  お名前

  電子メール

  お問合せ内容

内容をもう一度ご確認の上、『送信』ボタンを押して下さい。全ての入力を取り消す場合は、『クリア』ボタンを押して下さい。

  



5つのプロセス

モバプログラムは「自分の能力を設計し、実行していく」という設計思想によって大学教育をするプログラムです。

モバ大生の行う作業は大きく2つです。一つは「知識をデザインすること」、そしてそれを客観的に「証明すること」です。

知識のデザインは、「知識を運用する」と「知識を獲得する」という2つのサイクルで進むようになっています。この2つのサイクルを設計するプロセスが「ベースデザイン」「研究計画」「資格計画」という4つの作業工程です。知識を運用することを設計するプロセスが「研究計画」「資格計画」であり、知識獲得を設計するプロセスは「学習計画」です。この2つのサイクルをコントロールする機能をベースデザインが担います。

さらに、知識をデザインを社会的に証明する手段がポートフォリオというプロセスで生成されます。以上の5つのプロセスがモバプログラムを構成しています。

ベースデザイン


モバ大生として、どのような活動を行っていくのかという「基本的な方針」を設計するのがベースデザインです。常に更新できますから、一度決めたベースデザインはどんなことがあっても変えられないというものではありません。あくまで、「方針」に過ぎません。

研究計画


モバ大生の活動の中心となるカリキュラムが研究計画です。研究計画は1年タームで設計され、フォームへ書きこむことで研究の方針を明確にしていきます。モバプログラムにおける研究の定義は

  1. 研究に必要な知識が明示できる
  2. 枠組みを計画した後に実行する(仮説立証型)
  3. 新規性がある
  4. 先行研究を提示する
という4つの条件で、これらの条件に適合した研究である必要があります。

資格計画


学士号や各種資格を取得するための計画を立てるプロセスです。主に学士号や各種資格を取得するために必要な知識を明確にし、スケジューリングすることになります。

学習計画


学習計画とは、「研究をしていく上で必要な知識」と「資格を取るために必要な知識」を実際にどこの教育機関で取得するかを細かくけいかくするプロセスです。

ポートフォリオ


上記の4つのプロセスを通じて行ってきた「知識のデザイン」を社会的に証明するためのデータを生成するプロセスです。


© 一般社団法人知識環境研究会 ( Chishiki Kankyo Kenkyukai )